TOP > VA・VE提案改善事例 > 軸受のCAE解析による品質向上事例

軸受のCAE解析による品質向上事例

Before

製品内部に引け巣発生が課題となっており、凝固解析(CAE解析)を行いました。製品上部も最終凝固位置にかかっており、この位置に巣ができやすくなっていることがわかりました。

After

押湯サイズ変更及び適宜方案を見直し、凝固解析による比較/検証を実施しました。鋳鋼製品の押し湯位置の設定は非常に重要です。押し湯を立てすぎはダメで、押し湯箇所が増えると凝固位置のコントロールが複雑になってしまいます。また、押し湯を増やすとコストも増えてしまいます。今回のケースでは押し湯の太さを見直し、流量を調整することで凝固位置をコントロールすることに成功しました。結果、品質およびコストで改善ができています。※その後のリピート品でも改善効果を確認。

その他のVA・VE提案改善事例